就業規則の基本について

おはようございます。社会保険労務士の西村です。
本日は、就業規則の基本について、お話しようかと思います。

常時10人以上の従業員を使用する使用者は、労働基準法第89条の規定により、 就業規則を作成し、所轄の労働基準監督 署長に届け出なければならないとされています。

では、「常時10人以上」の常時とは?
「通常の状態」の事を指しています。一時的に9人になったとしても、常時10人以上に該当します。

次に「常時10人以上」の10人に含まれる人は?
正社員に限らず、パートなどの非正規社員も含めます。また、カウントする範囲は、事業場ごとに人数をカウントします。

まずは、あなたの会社が「常時10人以上」の対象になるかどうかを確認してみてください。
該当するならば、就業規則作成義務が生じます。

厚生労働省のサイトに、「モデル就業規則」が載っていますので、こちらを参考に作成するのもアリかと思います。
ただし、そのまま使わないように注意してください。あくまでも参考に。

当事務所でも就業規則作成のお手伝いをさせていただいておりますので、ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です